1/6の脳ミソ。

hinatanawo.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

羽化したぞぃ!!

相変わらず不毛な日常を過ごしている私・・・

ミカン虫も丸々と太ってきたなぁ~。
終齢幼虫で捕獲した2匹のモンキアゲハ幼虫、すぐ蛹になったはいいが、
蛹は沈黙するばかり・・・もう10日とっくに過ぎたぜ。
ちと揉んでみる。
無反応・・・生きてんのか?
その3日後蛹になったクロアゲハは蛹でもよく動いてるぞ。

次の日、モンキアゲハ蛹の片方に変化あり。
出てきたのはエイリアン(寄生蝿幼虫)だった・・・

「ひぃぃぃぃぃぃ~!!」

これ系は鳥肌が立つほど嫌いなのであります。
それ以降蛹はライトで透かしてエイリアンの存在を確かめるようになった。

して、後から蛹になったクロアゲハは7月21日早朝に羽化しました。
d0120803_14231258.jpg

真っ黒・・・でもうっすらと透かし模様があるのが美しい。
オレンジの点の上に微かにメタリックブルーがのってる。
只今羽を伸ばしている最中です。
d0120803_14291470.jpg

ようやく羽が伸びて網戸に舞い移った。
フラッシュ撮影で撮ると、実は真っ黒ではなく濃いブルーである事がわかりました。
このあとすぐに網戸を開けて開放・・・
森の奥へと消えていきました。

蝶を育てるって何なんでしょうね?
蝶は見るだけ、育ててるのはイモムシなんですよね。
何だか花火を作る工程に似てる気もする・・・
地道に作り上げて一瞬の美しい光を見るって感じですかね。

その日の夕方、沈黙していたモンキアゲハ蛹に変化が・・・
何やら背後で「ぱり」って音がしたので見てみると
d0120803_1441796.jpg

ああ・・・生きてたんだ。
何度も揉んでごめんよ・・・
だってエイリアンがいないか心配だったんだもん。
全く反応無いしさ(--;
d0120803_14505680.jpg

立派なモンキアゲハになりました。
網戸を開けると滑空するように飛び去りました。

学習した事、
終齢幼虫はエイリアンの寄生率が高いので捕獲しても羽化を期待しない。
弱齢幼虫から育てても、餌にエイリアンの卵があると同じ事なので、
餌の葉っぱは一枚一枚細かく洗い、常に新鮮なものを与える。

なんだかんだと相変わらずミカン虫の箱を掃除していると
一匹のモンキアゲハが飛んできて、私の周りをくるくる回りながら
暫く傍にいました。
あの時の蝶かな?なんて・・・まさかね。

・・・ま、それはそれでいいんだけどさ・・・
一体何やってるんだろ私。
[PR]
by hinatanawo | 2008-07-26 15:25 | 日常

不毛?

あー・・・

7月か。
七夕も笹の枝を取ってきてベランダで枯らしてゴミにして終わり、
何が悲しゅうて、くそ暑いのに庭に出て汗だくになって蚊に喰われて
半永久的に生えてくる雑草と戦っているのだ・・・?
不毛。

で、剪定バサミを持つと最強の気分になれる私は
庭木の剪定に励むことにした。
これまた不毛。

そしてある日ミカン虫を発見した。
アゲハチョウの幼虫(イモムシ)母に言わせれば「はだか虫」ともいう。
本来我がテリトリーを犯すものは容赦なく追放するのだが、
この虫は別・・・(勝手のいいことを)
卵から羽化まで約1ヶ月、
これの成長を毎日の楽しみにしていた。

だが、奴らはそろそろ蛹になってもいい頃合いになると、ふと姿をくらます。
「食い逃げかよ・・・」
だから私は待てど暮らせど「はだかむし」と食われた葉っぱ、
直径5ミリほどもある手榴弾型う〇ちしか見ることは出来ない。
そこで、捕獲作戦を実行!!
飼育箱を作り、枝ごと拉致することにした。
d0120803_1021309.jpg

最初はミカンの枝と山椒の枝を両方入れていたが、
ミカンの方は拉致直後、蛹の態勢に入ったので餌は山椒のみ。
とりあえず羽化は見られそうだ。

そこでまた考える。
何が悲しゅうて、こんな手間のかかることをして
無駄なエネルギーを浪費しているのだ?
どう考えてもやっぱり不毛・・・

そんな事してる暇があったら毛の1本でも植えろや!
不毛からの脱出は植毛にあり・・・か?
[PR]
by hinatanawo | 2008-07-08 10:48 | 日常

1/6カスタムドール製作者の堕落した日常。


by hinatanawo
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite